So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

雨雲レーダー

これは今のこの日付の時点においてもの話である。
どこでもいい。現在雨雲がかかっている地域を拡大して、時系列のアニメーションをしてみよう。
この手のグラフを見慣れていない方はわかりにくいかもしれないが、これはかなり怖い。黄色や赤の部分(雨量が多い部分)がほとんど動かないのである。現在はだいぶ落ち着いているのだが、一時期のこの状態は、ヤカンから土の上の一点に水をじゃーっと落としているようなものである。土には穴があく、水がたまる、たまった水があふれて回りがぐちゃぐちゃになる。

何十年に一回だの、何百年に一回だのが、ここ数年毎年のように起きている。そしてその傾向は年々ひどくなっているような気がする。
別に災害の恐怖を煽るものではない。我々一般人はもちろんだが、責任ある地位や立場の人間は、常にそれに備えるべきであると申し上げているのである。ぶっちゃけ宴会なんぞは延期すればすむ話だ。少なくともそれが行われたとされる国際的に恥ずかしい夜の以前に、情弱の私でさえもかなり危機的なレベルの災害の予報はきっちり聞いていたぞ。

数年後のオリンピック(笑)とやらを成功させたければ、今すぐ奴らを引きずり下ろすべきだ。これ以上、あの宴会殺人団体、あのバカとその党派、クソの役にも立たない宗教政党や金魚のフンみたいな似非野党共に何かをさせてはならない。
まあ今の政権に関わっている者共や利益団体が、二度と表舞台に出てこられないようになって頂けるものであれば、オリンピックなど影も形も無くなってしまっても一向にかまわないのだが、それでもそれまでに何人の方がお亡くなりになることか。。。

今となっては遅いかもしれぬが、どうせ強行採決されるような違法国会ならば、野党はとっとと議会を放棄し、何らかの形で被災に対する救援活動を行い、政権与党の無能ぶりをネガキャンしまくれば良かったのだ。それこそ山本太郎のような説得力のある人間に発言時間をすべて委ねればよい。それで文句を言うやつは金で雇われているバカ下翼と、てめーの立場と私利私欲しか頭にない政官財の連中と、政権与党にすがることしか考えていない情弱の愛国心あふれていると何か勘違いしているような一部の愚かな国民共ぐらいである。マスコミも国会が放棄されたとなれば、黙っているわけにはいかなくなるだろう。
そうした手段が有効であるかどうかは安全圏にいる私に確言できることではないが、これは覚悟のレベルの話である。そのレベルの覚悟さえないのであれば、野党はもう、野党であることをやめれば良いだろう。

死体の数と同様、民主主義は数だけの問題ではないのである。



コメント(0) 
共通テーマ:blog

今昔マップ [ご案内]

今昔マップの仕様が「いい感じ」に改良されたようである。

大きな変更点は、
1)右画面のデフォがGoogleさんから地形図になった。
2)左画面の旧地形図が、MAXの拡大まで表示されるようになった。
他にもあるかと思うが、とりあえず目につくものは以上である。

結果、今まで2)の方が実現していなかったことによる弱点(拡大すると本来の地形図が表示されなくなる)を利用して、その背景に設定した迅速測図を表示させるという手抜きでリンクさせていたものが、無効になってしまった。
左枠の「地図不透明度」を0%にするか、「非表示」にチェックをするなどすれば、現リンクでも迅速測図を見ることができるが、閲覧者の方々にマニュアルでそれをしていただくのは不便極まりない。
よって、迅速測図を見ていただくことを前提でリンクしている部分については、以上のいずれかの方法で地形図の表示をなくしたものにリンクし直すことにした。
修正もれがあるかと思うが、しばらくはご容赦いただきたい。

コメント(0) 
共通テーマ:blog

横浜山めぐり [お散歩]

豪雨であちらこちらに大災害が起きていると言うのに、少なくとも南関東はカラッと晴天である。こんなときに呑気に尾根探索(の一環です)など不謹慎極まりないが、元々責任のある立場の人間が災害放り出して宴会やったり、殺人ショーで国民の目をくらませたり、おフランスなどの外国に遊びに行こうなどと企てているいた様なご時世である(国内にいても何の役にも立たないとも言われていますが。。。)。無責任ななめこさんがおヨコハマにでかけたところでバチはあたるまい。こっちだって老い先が短いのだ。

横浜中心部の山々は、帷子川大岡川によって概ね3つに分けられる。その真中、野毛山連峰(連峰とは大きく出たな)の山々に登山してきた。(登山www)
横浜四山と言われている(言われてねーよ)野毛山伊勢山掃部山、そして御所山である。
野毛山連峰の山々には他にも久保山清水が丘(山かよ?)等々もあるが、今日は登っていない。

Yokohama4.png

・野毛山

IMG_6713.JPG IMG_6921.JPG
IMG_6924.JPG

・伊勢山

IMG_6795.JPG IMG_6801.JPG
IMG_6807.JPG

・掃部山

IMG_6836.JPG IMG_6843.JPG
IMG_6890.JPG

・御所山

IMG_7008.JPG IMG_7014.JPG
IMG_7015.JPG

厳密には御所山だけ、野毛山の手前で分岐した別の尾根の末端の山である。そういう細かい話はいずれまた、武相尾根プロジェクトで。。。
これはその予告編である。(またかよ)

日本全国、いいお天気になりますように。。。

コメント(0) 
共通テーマ:blog

呪い [くだらないこと]

世の中では、処刑で死んだ奴に順番にシールを貼るという愉快な番組が、「政治的公平」のもとで「公共の電波」とやらに載せられて放送されていたらしい。
次にシールを貼られるのはお前ら、そしてお前らを下僕にしているあの殺人的バカの一味だぞ、とここで呪いをかけておくことにしよう。呪いというものは、直接本人に届かなくても伝播していくものである。あまり時間がかかるのは困るのだが、相模原の区の数といわれる閲覧者数のこのブログである。呪いだけにのろい。(無理に落とさなくていいから)

それにしても気の毒なのは、殺人バカの下僕とは言えバカの言いなりになって殺害命令を出した大臣(静岡県第1区)である。処刑は処刑であり、殺人ではないと言い張る自称愛国心あふれまくっている善良な国民の皆様もいらっしゃるかもしれない。だが、手法や趣旨はどうあれ人の命を奪う行為は立派な殺人である。「国家権力」を背景にしている分、むしろ被処刑者共よりもタチが悪い。被害者感情だの何だの偽善的なことを持ち出して、このことに同意できないものは、とっととこのブログから立ち去って、●●にでもあって●を●られて●●んで●●ば良いのである。(例によってなめこさんが酷いことを書いているので、一部伏せ字にしました)
早晩、一部の「後進国」やテロ組織のようなこの野蛮な制度は消滅する。そうなった暁には、あのバカとバカの下僕は、前の夜に宴会でどんちゃん騒ぎをしたあげく、その勢いで翌日に「処刑ショー」を行った実行犯の悪役として、永遠にその歴史的エピソードとフルネームが残されることになるであろう。子々孫々まで後ろ指を刺されることになるのだ。
今に至るまでに既に何人かお殺りになっているようだが、前にも似たようなことを言ったがこれは人数の問題ではないのだぞ。

コメント(0) 
共通テーマ:blog

酔った勢いで殺す

お前、これで何人殺した?

コメント(0) 
共通テーマ:blog

しおりさん

影響力ほぼ皆無であるうちのブログの問題ではないのだが、早速例の時宗の問題に関して、時宗自体のあり方だどうだかこうだかほざいているような、てめーの頭の悪さ、知識の無さをを世界中に発信しているバカと、それに追従しててめーの頭の悪さ、ヘイトでしか自意識を保てないチキンぶりを世界中に発信している、数年後のオリンピック開催国のバカな国民がいるようだが、そんなダメダメ宗派ならば、開宗700年以上?も現存するわけがないだろうが。それともどこだかの破門された宗派が80年だか90年だが無駄に存続して政権を取っていることで、何か変な自信つけちゃったか?(笑)

そんなことよりも、数年後のオリンピック開催国の美しい国のこのような麗しい実情を、寿司食わされたどこのマスゴミが最初にしぶしぶ取り上げるのか、安全圏から傍観させていただくことにしますわ。(笑)
いや、真面目な話、今の政権が殲滅された後、どのマスゴミが生き残れるかどうかの瀬戸際ですよ。前の大戦後もそうだが、あんたらの国の国民は、体制が変われば簡単に節操もなく裏切りますからね。今はもっとシビアですよ。
さあ、早いもの勝ちだ(笑)(笑)(笑)

(笑い事じゃないんですが、そういうブログなんですいません)

コメント(0) 
共通テーマ:blog

時宗 [くだらないこと]

フェアプレイポイントだか何だか知らないが、あれはあれで良いのである。そういうルールだからだ。玉川さん(誰だよ?)が熱弁を奮っていたが、所詮は玉遊びである。一部の観客は憤慨しているようだが、知ったことではない。少なくともこの国では命にかかわることではない。民主主義の政治の場で、相手の言論を封じるために幼稚園児以下の意味のかけらもないおしゃべりをぺらぺらぺらぺらぺらぺらぺらぺらしゃべったあげく、相手をせせら笑うような「アレ」とはわけが違うのである。
いや、その幼稚園児以下のくっそくだらないおしゃべり野郎も、ルールに則っているのだろうとおっしゃる方もいらっしゃるかも知れない。ひょっとして、「発言者、もしくは発言者の発言しようとする内容が意に沿わない場合、国務大臣はその発言をあらゆる方法で妨害することができる」という条文がどこかにあるのかもしれない。(ねーよ)
仮にそういうルールがあったとしても、そこで行われているのは民主主義政治である。条文化されたルール以前に、理念というものがある。いやそんな抽象的なものではない、「憲法」という明文化されたルールが存在するのである。 例えば、前文の1セクション目、あるいは21条辺りであろうか。国民の代表者である国会議員の発言が、国民の奉仕者(公僕とも言う)である国務大臣(の職に一応(笑)に就いている者)ごときに妨害されるいわれはないのだ。

唐突だが、ここで一遍上人の話をしよう。

IMG_5539.JPG

江戸の方から東海道をずんずく来て、権太坂だの大坂だのめんどくさい坂を登って、やっと相模湾沿いの平野に出るか?という下り坂の袂に、藤沢の遊行寺がある。遊行寺と言えば遊行上人、その初代は一遍さんである。ここには小栗判官の話もあるが、横須賀製鉄所のオグリンとは関係ないし、今は語らない。(オグリン言うな)
例によって、軍事同様、宗教に関しても生半可な知識しかない無宗教なめこさんだが、一応Wikipediaを読んだいい加減な解説をすると、一遍上人の開いた時宗とは、バリバリの鎌倉宗教(バリバリ言うのやめろ)、なんでもちゃんちゃか踊りながら念仏を唱えていると極楽浄土へ行けてしまうという、Do you wanna dance to nightな人にはまさに極楽のような宗派であるとのことだ。そう、誰もがダンシング・ヒーロであれば、死ななくても良いのだ。(いいのか?この説明)
怒られるかも知れないので、そういうふざけたことを書くのはこれぐらいにしておこう。

情報通の方は、この時宗の某寺院で何があったかご存知かと思うし、上でリンクした遊行寺のサイトにも記されていることである。この時宗、開宗当時の北条政権から、後の都合からあえてぼかすが、もう一方のあっちの宗派などと比較して、それほど露骨な弾圧を受けていたわけではないようである。なので、表面的には権力に対して一物持っているものではないのかもしれないが、そこは一切衆生を救うべき大乗仏教である。だからと言って昨今の体制側の大好きな人権侵害、ヘイトツィートなどをして良いものではない。
そして時宗本山は、以下のメッセージ、見解を出している。


いわゆる「ネットで騒がれている」状況の時点での対応が比較的早く、それはそれで評価されているらしい。そんなことは当然のことではあるとは思うが、未だに国の有り様に関わる不祥事をまともな謝罪もせず、誰も責任を取ろうとしないどこぞの政権や官僚どもと比べれば、仏教的に言えば何不可説不可説転倍ほども素晴らしいことである。
だがしかし、私のような中途半端な者はともかくも、ネットだのTwitterだのご存じない方がこの事実を知られれば、それはそれでまた今度は、例えば、鎌倉に所在する諸々の寺院に対する信頼も同時に失われることにもなることだってある。あの程度のレベルの低い生臭坊主が他にいやがるとは思わないが、これからは鎌倉でうっかりお参りすることもできない、なんてことにもなりかねない。信仰心などかけらもない私だが、仏教を伝来したきた国、地域に対してヘイトするような生臭のいる寺で、わざわざコインを投げてお参りする気には全くならない。

そして、先程も少しふれたが、鎌倉仏教と言えばもう一つ、アレ。うっかり糾弾すると●●されると噂されるアレである。あちらは、当時の政権、渡辺謙やら北村一輝(それは中の人だ)からバリバリに弾圧された(だからバリバリ言うな)というのに、いまや体制側である。悪法、少なくとも国民の殆どから同意を得ていないような法律を、腰巾着している凶悪政党に共謀して大量生産しているような、いわば宗教のクズである。いや、アレはもはや宗教でもなんでもないのかな。あ、本家本元からは破門されてんだっけか(笑)(哀れな信者の皆さんは、無理してこんなクソブログ読まなくてもいいんですよ)

まあ仏教が戦争中に何をやらかしていたかは、幼稚園以下の知能でないかぎりはちょっと調べれば理解できることであるし、それ以前の長い歴史をご存知の愛国心あふれる善良な国民の皆様は、それこそ仏教的な精神ですべてに目をつぶって許容している部分もあるのであろうが、先程も申し上げたように、私には宗教心のかけらもないのである。あまりいつまでも静観を決め込むようであったり、ことによって大和朝廷開闢以来の極悪政権に加担するようなことでもあれば、私にもそれなりの考えがある。
それも私の革命である。

もっとも私が仏像に落書きしようが、賽銭箱に●●●を投げ込もうが、お巡りさんを呼ばれるだけのような気もするが。(マジでそういうのやめろw)

コメント(0) 
共通テーマ:blog

ルール [くだらないこと]

何かの競技だかなんだかで2つのチームが「試合」をするとして、オフィシャルなものにせよ、ローカルなものにせよ、パーマネントなものにせよ、その場かぎりのものにせよ、何らかのルールがないと「試合」が成立し得ない、ということは申すべくもなかろう。それはスポーツだのゲームだのの様な綺麗事だけではなく、喧嘩だのヤクザの抗争だの戦争であってさえも同様、それらにも最低限のルールはあるのである。お互いにルールが消滅し、「仁義なき戦い」になってしまっては、試合でも抗争でも戦いでも何物でもなくなり、それは破綻、単なるカオスである。そういう状態になってしまうと、「平和裏に殺す」のお猿さんがいくら頑張っても、収拾をつけることは難しい。

そうならないように最低限の「ルール」なるものをそれなりに保持して、ある闘争、いや抗争かな?ぶっちゃけ政争なのだが、それが行われているとして、一方の相手が破壊的にルールを破りまくってきた場合、どうすれば良いのか。
こちらも同様にルールを破るのは得策ではないだろう。「試合」が成立しなくなり、先述のように「カオス」を呼び込むことになる。そもそも相手と同じ土俵に立つ時点で、相手が歴史的バカだろうが何だろうが、ルールを守ってきた側の主観としては負けである。「観客」の同意もなく、別のルールを作ることもなしだろう。それ自体ある意味ルール破りとなるからである。
だからといって、黙々とルールを守り続け、同じ戦いを続けて負けまくったあげく、口先だけで「勝っている」だの「向こうは詰んでいる」だの「後の世が自分たちの勝ちを証明してくれる」だのをいつまでもぺらぺらぺらぺら語っているだけというのもなんとも芳賀ゆい、いや歯がゆい。安全圏で口先で語って満足している者はそれでも良いのかもしれないが、その戦いには直接関与していないにも関わらず「当事者」になってしまっている者もいるのである。以前もどこかで申し上げたとおり、実際死者も出ているのだ。これ以上、後戻りが難しい状況にまで追い込まれてから勝っても遅い。ろくに効果的な戦いもせず傍観するだけで、いつまでもドヤ顔でそのような能天気なことをほざいている連中が実に腹立たしい。
とりあえず言えることは、ルールを守る暗黙の前提において、とにかく何か別の画期的に有効な戦い方を複数考案し、それを実行する手段の道筋をつけることが、ルールの存在すら知らない幼稚園レベルのアホどもとの戦いに決着を付ける一つの鍵となるであろうということである。そしてまずは桶狭間よろしく、宇宙開闢以来のあの大嘘つき野郎の首を取ることであろう。残りはクズばかりである。あの汚物を殲滅してしまえば、あとはなんとかなるだろう。
とにかく最終的には、あの大嘘つき野郎とその恥ずかしい下僕どもを、2度と陽のあたる場所に出れないぐらい貶める手段を、知恵を絞って考えることである。こんな体制をこれ以上続行し、なおかつ未来に復活させてはならないのだ。これ以上死者や不幸になる者を増やしてはならない。

なんてことは前にも言ったかも知れないし、安全圏で傍観しドヤ顔かつ脳天気にほざいてみたりするなめこさんであった。(はい?)

何にせよ一番腹立たしいのは、てめーでルール破りの答弁しておいて、ヘラヘラしながら相手に「ルール守れよ〜♪」とかほざくような大嘘つきチキン野郎の●●以下の●●の●●な●●●●とその下僕どもである。
ここはぜひ、お隣の受話器おじさんにでもお願いして、その●●の頭上に●●●●を●●して●●●●していただこうではないか。
和平外交をさんざん妨害しておいて(口先だけだがw)、いざまとまると自分の手柄の様に吹聴する大嘘つき犬野郎に「口を出すな!」と恫喝した痛快な受話器おじさんである。空港だかどこだかで●●●●を●●して●●●●していただいても一向にかまわない(笑)。

実に今日は(今日も)、私は機嫌が悪い。
サッカーとかできーきーきーきー言っているお前ら!、この恥ずかしい体制を安全圏で容認している今のお前らの国は、ポーランドのような過酷な歴史を持った国と戦う資格なんか微塵もないんだぞ!
というわけで明日は一遍上人のことでも書いてやる!。(え?)

(なめこさんの発言が不穏極まりないので一部伏せ字にしましくぁwせdrftgyふじこら暴れるんじゃない!

コメント(0) 
共通テーマ:blog

デモ

以前もどこかで申し上げたと思うが、「デモ」は憲法で保障された歴とした国民の権利である。改憲だの何だの涙目でヒステリックに叫んでいる国家反逆者レベルの詐欺師である大和朝廷始まって以来のどこだかのアホがいるが、現憲法は現役バリバリで有効であるし、これを侵害するものは、国家公務員や地方公務員を含め公職についているものは万死に値するものであると思って良い。どこだかのノリで「懲戒請求」とやらをぶちかまし、後で「ごめんなさいお金払います」で済む問題ではないのだ。その前提において(つまり一旦現憲法を全肯定した上で)、自由闊達に「改憲」とやらを議論すべきものなのであり、改憲ありきで国家の根本を踏みにじるようなことを正当化するようななんちゃって公職者は論外である。

いや、現在のどこぞのゴミ政党で議論されている犬の糞以下の改憲議論なんぞはどうでも良い。そういった憲法で保障された我々国民のささやかな権利がまたひとつ、ゴミや犬の糞レベルにつぶされようとしている。コロンビアだセネガルだポーランドだでピーピー馬鹿みたいに騒ぐのも良いが、これも以前申し上げたが、君たちが大好きな元号とやらが変わるタイミングで、いい加減こんなみっとも恥ずかしいことをやめさせようとは思わないのか?


コメント(0) 
共通テーマ:blog

ぶつぶつ

今のこのどこかの国の汚らしい歴史的馬鹿の集団や、何も考えていないその脱脳下僕共がのさばっている状況は、圧力や寿司おごられたぐらいでソンタクしちゃうようなマスゴミや、上層部が率先してヘイトに加担していると噂される某SNS (笑)等々のメディアに、数十パーセントレベルで責任があるといえる。

その某だが、一部のユーザーが立ち上がり、問題のある自国法人の運営についての糾弾を、米本社に対して行っているようだ。まさに数億のユーザーを抱えるSNS本社の見識が試されるのと同時に、そのどこかの国に対する国際的な評価のようなものがまた一つ明らかにされることにもなろう。
どこぞの国と違って、仮に少数からの意見であっても、国際的視野に立つべきである法人がこの種の問題に関して全く無関心でいるわけにはいかないだろう。だがそれで状況が打開しない場合は、そんな安易な情報発信ツールはとっとと見限って、別の手段を考えたほうが良いのかもしれない。


コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | -